シュワルツマン・スカラーズ主催 次世代のグローバルリーダー講演 まとめ

ディスカッション

スピーカー:スティーブン・A・シュワルツマン

ゲストスピーカー: 孫 正義

サプライズゲスト:キャロライン ケネディ大使

 

 

孫さん「リーダーになるには英語と中国語がいる。
リーダーになりたくないのなら気にしないからこの部屋を出て行け。
この中から中国に行く人は中国に無料でいけるように私が全部費用出す。」

 


 

農業革命  産業革命  があって今は情報革命

 Singularity (技術的特異点):人工知能が人間の能力を超えることで起こる出来事とされ、テクノロジーが急速に変化し、それにより甚大な影響がもたらされ、人間の生活が後戻りできないほどに変容してしまうとする未来予測のこと。未来研究においては、正確かつ信頼できる、人類の技術開発の歴史から推測され得る未来モデルの限界点と位置づけられている。

2040年には1000を越えるデバイスと共に共存することになり、私たちは今非常に重要な分岐点に立っている。

この30年で1兆以上のチップ(CPU)がコンピュータに接続されるだろう。

ソフトバンクが買収した会社はすでに500億個のCPUを出荷している。

100万個のハイエンドのCPUが1台のパソコンに入る。

トランジスタが2018年に人のニューロンの数(およそ300億個)を越える。

30年内の間に人間が命令するだけではなく、色んなことをコンピュータが自ら学び始める。

30〜50年後 人間がチェスで負けたように全てにおいてコンピュータに負ける。(Singularity)

だからそうなった時に人間はどうやって生きていくのか考えないといけない。

コンピュータによって仕事が自動化されていく。200年後医者はいなくなるかもしれない。

ハイパーインテリジェンスの知性によって展開されていき、お金の役割も変わる。お金を払ってでもしてほしい仕事とは何か。

 

 

テクノロジーを拒むのではなく、融合することが大切になる。

Super Deep Learningができたらコンピューターが人間の解決できなかった

・災害

・病気 などの課題を解決する

 

資本(大きな工場、数多い店舗)が重要だと思われていた時代だったが、現在の巨大な時価総額TOP5もIT企業。アイデアとパソコンがあれば若者でも誰でも良い。

 

 

◯ビジネスのリーダにはどんなタイプの人物が求められるか

 

根本的には変わらないが、より次に起きる出来事に視点をおくことのできるスキルが必要。

 

・大きく、豊かな心

・他者の気持ちを考えられること

・問題は何か⇨解決法の模索⇨説得していく力

 

今まではどの国も自分の国にの繁栄に視点をおいてきた。これからは世界を見ていき、より大きな範囲で物事を考えるようにするスキルが必須。

日本は歴史の長い国であるが、世界はどんどん変わる。島国根性だけではダメ。

世界を見ないといけない。

自分の目で見て理解しないと、他の人から聞いたことだけで誤解してしまう。

日本は中国を自らの目で見て理解しないといけない。

中国はアメリカと競い合いながらも世界一になる勢いのパワーを持っている。

 

若さは力。力を使え。歳をとると大きなリスク(家族..etc)ができる。

20〜30年後だと遅い。

10年〜20年で中国はナンバーワンGDPになり、パワーもアメリカを越える。

リーダーになるなら必ず英語と中国語を話せるようにならないといけない。

 

 

孫さんはこの講演のために日本に帰ってきて40分ほどディスカッションした後すぐ帰ってまた飛行機 。 

Pepperくんが度々登場した!

How to build a great team

from Justin Kan snapchat

 

People I want to hire

・Inteligence 

・Productivity 

・Positive attitude  

・Take responsibility ownershp of projects 

・Compacity to care 

 

1)Recruit your friends and your employees friends

あなたの最も優秀な友達を雇い、あなたの会社の社員の最も優秀な友達を雇っていく。

2)Hire ppl for who the job is a promotion (they are hungry)

3) Be willing to hire people who are from non traditional backgrounds

4) Ask people who the experts they know are

dont be shy about reaching out and be a persistant

5)Once you know you want someone, dont let them out of the office without signed up

6)Dont trust recruiters

7)Be willing to fire  (50% is a good hit rate)

 

 

 

本めも

 

日本社会に受け入れられるようにローカライズして、破壊的なサービスを展開したスタートアップは成功の見込みが大きい。

 

起業家が成長するために最も良い方法は、自分の経験、特に失敗から多くを学んで、失敗を繰り返さないようにレベルアップしていくことだと考えています。 それを実践するために、僕は自分の失敗や他人からのアドバイスを書き溜めていく習慣を持っていて、それを定期的に見直しています。

 

事業のアイデアを考える上で、3年後、5年後の未来の人々の生活はどうなっていて、その時に当たり前になっているものは何だろうと、いつも考えています。

 

新しい市場や業界を理解するためには、小さくてもいいのでえ実際に何か事業をはじめて、その業界の関係者になることが効果的です。

 

起業家にとって大切なことは、3年、5年、10年の未来に対して、自分が誰よりも信じられる強いヴィジョンをもつこと。そして、たとえ他の人に反対されても、自分の信じる未来に対して、誰よりも早くリスクをとることです。

 

直接関係者からヒアリングして得られる情報を大切にしている。

 

意思決定のための情報収集は重要ですが、起業家にとって、リスクをとる意思決定をどれだけ早くできるかはさらに重要。情報をいくら集めても、最後には経営者自身が、決めないといけない。重要な意思決定ほど、いくら情報を仕入れてもリスクは残ってしまうものですが、最後の最後には直感で決める。

 

大企業は意思決定を持っている一方で、意思決定に時間がかかります。

 

意思決定はやくすることが最も重要。

 

この事業はいけると感じる勢いこそが、企業文化そのものです。

 

企業文化に合ってない人には辞めてもらうことも重要です。

 

一緒に仕事をしている仲間として、社長としてやたなければいけないことは、社員を幸せにすることです。それは、機会と能力を与えることだと思っています。

 

共同創業者は営業と技術など役割が明確に分かれていて、お互いの能力を尊敬していて、痛みを感じるポイントが違うというのがベスト

 

大企業だからとかベンチャーだからというのは関係なくフェアにしたいんです。

CEOとしての仕事は、そのような額の給与を払ってでも利益が出るようなビジネスの戦略を立てることだと思っている。

 

Atlantisの時は自分の力に酔っていたと思います。うまくいくためのことだけを考えていて、自分がやったほうが早いんじゃないか、という考え方で物事を見ていた残念な5~7年間だったと思います。

 

大きく成長する事業を支えるチームと外部投資家が力を合わせて、世の中を変えていくダイナミズムこそがスタートアップの最大の魅力です。

 

なるべく多くの方と接点をもち、ヴィジョンを語ることを愚直にやってきただけです。ヴィジョンそのものの伝え方などは、試行錯誤しながら、変えていきました。

 

自分にとって一番の敵は、周囲の意見でした。

 

5人の会社で、僕がディレクションをして、後はデザイナーとエンジニアだけでつくりました。最小人数で行っていたので、意見が複雑化せずコンセプトはぶれませんでした。

 

技術担当が最低ひとりはだいたい必要になります。あるいはビジネスサイドをやる人もよく必要になります、資金調達などをする人です。

お互いが期待する役割が何かよくわかっていました。何を得たいのか、うれしいこと、お互いが最も得意としていることは何なのかも理解しあっていました。

 

競合他社分析はあまりしませんでした。イノベーションは、競合を見ていても生まれるとは思いません。

 

私たちの会社が成長することは重要ですが、それ以上に顧客が満足する体験を提供しハッピーになってもらうことのほうがもっと大事です。その結果として私たちの会社も成長すると考えています。

 

大きなゴールは2人とも一緒なので、会社にとってベストなことをし続けるだけです。創業者たちが対立することでうまくいかなくなるスタートアップが多いと聞きますが、彼はなにせすごく”いい奴”なのでそれは起こらなかった。本当にいい創業パートナーを見つけたと思っています。

 

朝起きて、今日も仕事したいな、と思えるカルチャーがあることがまず大事です。仕事が終わったあとでも皆ででかけたり、バスケやゴルフをしています。

 

いい人材に定着をしてもらうためには会社のミッションに対して明確な具体的イメージがあることが大事だと思います。

 

後からジョインしたメンバーが創業者の頭の中を理解するのは簡単ではありません。

 

事業内容、ゴールを明確にし、すべてのメンバーのゴールと気持ちを統一させることが大切。

 

CEOの役割は、ヴィジョンを持ち続けて、方向性を示し続けることが1つ目。会社に有能な人材を呼び込み続けることが2つ目。そして資金をショートさせないことが3つ目です。

 

創業者として、会社が大丈夫だということを確かめ続けるのは重要です。楽観的な見通しを持っている時こそ、何かを見落としていますよ、きっと。疑い深くないと会社は経営できないと思ってます。

 

個人的には怒りはコミュニケーションを取る唯一無駄な感情かなと思っていて怒ることはそうそう無いかもしれない

 

年齢が若くて経験値がないぶん、ユーザーの伸びや足元の数値といった実績の部分を見られていると思います。若いうちに評価されるためには足元の数値を高めたり、実際に外部に出たとしても説得力を持つような経験や数値を積んでおくことが大事だと思います。

 

イデアはもちろん大事ですが、アイデアだけでうまくいってる会社をみたことがありません。アイデアを出した後にいかにチューニングしていくのかがポイントです。

 

ソーシャルサービスで重要なことは、まずは小さくはじめることです。たくさんの機能を盛り込んでも、誰も最初は使ってくれないのでとにかく小さくはじめます。

 

また運営側のスタンスは必ずユーザーに伝わるので、少しでもいいから高い頻度で手を加えていくことも重要です。ちょっとしたボタンの形をかえるなどでもいいので。

変化がないとユーザーは飽きて去っていきます。

 

トラブルが起きた時にユーザーに全て任せるのではなく、運営側も一緒になって対策を考えます。 トラブルばかり起こしているユーザーには、適切な対応をし、去っていただくことも大切です。



未来をつくる起業家 ~日本発スタートアップの失敗と成功 20ストーリー~ から



エンジニアの働き方 #svmeetup

自分で成長できそうな人を雇う

最初のメンバーはつねに自分の能力に危機感をもっている人。

成長能力をもっている。

自分がなにを知らないかというのを知っている、探し続ける

とくにスタートアップは最初にそういう人をいれるのがオススメ。

エンジニアとして大事なこと。 

 

最新の技術に対してどう向き合うか

 

 

半年後とか3年後にディスられないかと確認しながらコードをかく。 

テクノロジードリブンで戦う方が難しい。

 

会社が給料払えなくなったといってもそのサービスの開発を続ける覚悟があるか

 

メンバーをどうつくるかよりも自分がどうあるべきかを考えることが大切。

 

 

     

Customer delight

 


日本語では、customer firstとほとんど同義で使われ、顧客主義、顧客第一、顧客感動、等に訳されています。
firstというのは、思考の順番の大切さを示唆しているのに対して、delightというのは、優先順に留まらず、相手の予想を上回ることによって気持ちまで揺さぶるというより高いゴールを意味していると考えられます。 (顧客感動

 

 

Do Things, Tell People.

Mega Maker - Justin Jackson  :snapchat

 

Do Things, Tell People.

もしあなたが特別に売りとなるスキルをもっていないのなら、いくつか学ぶこと。

- It's the future. We haveKhan Academy and Wikipedia and Codecademy and almost the entire world's collective knowledge at your fingertips. Use it.

 

そして人になにか話せるようなものを作る。なにかかっこいい、興味深いものをつくる。それに時間を費やす。もしそれがあなたの作った中で一番役に立たないものでも、もしそれについて語れることができるのなら、作れ。

このパートは簡単だ。なぜなら、”あなたが考えたなにかをあなたが作っている”ということは、かっこいい、そして興味深いことだ。

 

次に、あなたが一緒に働きたい人のいるイベントを見つける。 そしてそれについて彼らに話す。リラックス。 それは多分彼らにとっても興味深いことだ。 もしそうでなくても、あなたが考え、あなたの作ったものについて話すあなたはかっこよく、興味深い。

多くの人はこれらのイベントにただクールで興味深いものについて話すためだけに行く。だからあなたは、ぴったりその場に合うだろう。

 

あなたはなにかをし、それを語る人々にどれだけの機会があるか信じられないだろう。

それが起業家の景観を旅する方法だ。あなたはなにか興味深いことをして、それについてみんなに語る。 そして、コンタクト、名刺、メールアドレスをもらう。そしてあなたは、契約、仕事のオファー、投資家、などを見つける。

そして、あなたがしていることをクールだと思う友人をつくる。

あなたは"クールなことをしていた人"となる。 そして、次に、あなたがしていたクールなことにどんな形でも関連していることをしようという誰かがまず最初にあなたの元へ来る。

 

 

finc の溝口さん #svmeetup

ゴールから全て逆算したらおのずとやらなければいけないことは見えてくる

 どうしたら良い人材が集まるか

 

Fincがすごい人材を集めた理由4

 ・大きなビジョン   やる気

 ・実現の可能性  実現の可能性高そうだなと思えれるように  どう実現していくか明確  こいつやりそうだな

 ・居場所   自分が貢献できそうな会社だなと思わせる  居場所があるということを理解してもらう

 ・リターン   相手が求めるリターンをきちっと提示する

 

自分が全てのジャンルでトップになるのは厳しいと感じた。

大きなビジョンをかがけるほど逆算したら自分じゃ無理だこの状況じゃダメだと感じる

 

他社の経営者と素質で喧嘩して勝てるか

競合と自分の会社のトップ同士で勝てるか

 

強い組織とはどんな組織なのか

・正しい戦略ととてつもないスピードの行動力

・無理難題をやってのける組織

・トップのきちがいに対応する力 ー 組織力

・無茶を言える組織をつくる

 

ピーターの法則

会社のためにも経営者はときに非情にならないといけない。

 

  

強固なカルチャーとダイバーシティーの両立に必要なこと

経営チームの結束力と器 

経営チームの結束力が強いとダイバーシティーに挑戦できる

仕組みとルール(権限と責任をきちっと提示する)

 

手のひらのチームがいい

ひらの部分が結束力で指がダイバーシティ

 

判断基準の相違による誤解

判断基準の差をどうやって埋めるか

みてる視野が違うと誤差が生じる

 

結局自分が最高にならないといけない

その方法はとにかく苦しむこと 逆境に当たり続けること

 

 

経営者がメンバーの方向を示す

その道のベテランとメンバーを会わせて気付かせる

 

一番の失敗は中途半端に成功すること

 

とにかく続けること